身近に潜む危険

金網をつける

人間の生活を脅かす存在とされている害獣と言えば、ネズミやハクビシン。
ネズミやハクビシンなどは、人間が住んでいる生活圏内に突如表れてあらしていく厄介な動物達です。
ネズミやハクビシンが現れるのが悪いというわけではありませんが、ここでトラブルが多発することが大きな問題なのです。

例えば、食物を荒らされてしまったり糞尿の被害にあったりして不快なことがたくさん起こります。
さらに一番気をつけておかないといけないことは、衛生面のことであり感染症や病原菌を持ち込んでしまうことでしょう。
なかなか自分達の手で解決をすることは難しいところですが、身近に潜む危険から自分達の生活を守るには専門駆除サービスを利用するのが一番です。

対策を建てる

専門の駆除会社に頼む方法ではなく自分たちでできる対策について紹介していきます。
まずエサとなる食料が容易に調達できてしまうので、その場所に居つくのです。
このエサを与えないために食品は必ず戸棚に入れる、入れられない場合はタッパーなどに入れて保管します。
ごみ箱もきちんとフタをします。
次に通気口や排水溝を金網で縛りふさぎます。
こうすることで、通り道をふさいでしまいます。
壁のちょっとした隙間なども通り道になってしまうのでこのような場所を見つけたら確実にふさぎます。
スプレーの忌避剤でネズミに直接かけたり、通り道になっていそうな場所に吹き付けることも効果はありますが、効果は長くても数週間であるのでやはり、上述したようなそもそも害獣が快適に住みつけない環境作りが大切です。
ハクビシンに関しては法律で保護されているので完全な駆除には専門の駆除会社に頼むことが必要です。

オススメリンク

衛生対策も行ってくれるネズミ駆除業者◆ねずみ駆除なび

ハクビシン駆除も対応している害獣対策のプロ@害獣駆除110番


檻の中

早めに連絡をする

ネズミやハクビシンが屋根裏などに入り込むと走り回る足音やニオイに悩まされたりします。
早めに駆除業者に連絡をして退治してもらわなくてはなりません。
民家に住み着いてしまうことが多いクマネズミは天井裏など高い場所を好むのRead more


繁殖を防ぐ

退治は難しい

ネズミはどういった動物なのかというと、高温多湿な国から生まれた動物。
ですので、日本などの国は、特に注意が必要なのです。

特に注意が必要な理由としては、繁殖能力が高くあらゆる物を食料にし、大変生命力が高い動物です。Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
    ネズミの駆除

    習性を知る

    ネズミを駆除するために必要なことは、彼らの習性を知...

    Readmore
    じめっとしている

    捕獲の申請

    ハクビシンは民家の屋根裏に棲みつくようになると、そ...

    Readmore
    檻の中

    早めに連絡をする

    ネズミやハクビシンが屋根裏などに入り込むと走り回る...

    Readmore